北海道~山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

B1E4AFDC-80B2-4E91-BEDB-594FBF7F013A

美瑛撮影旅行1日目の朝食を青い池近くのハンバーガー屋さんで食べた後、
丘に撮影に行きました。
撮影ポイントは、以前、何度か撮影したことがあるポイント。





この丘、お天気が良ければ向こうに十勝岳が見えるのですが
夏は雲が出やすく以前も見えなかったけど、今回も見えないですねー。

D605F335-C7E0-4E7C-B201-F024B8F4A527

4DC27746-CD99-4763-A42A-757583C1C317

写欲が湧かないので退散。
この日、十勝連峰は雲の中でしたが旭岳はバッチリ見えていました。
そこで、北西の丘は旭岳が見えるので北西の丘方面に行ってみることに。

B33835EA-EB28-4F10-A3D1-CEAE84C79B79

北西の丘では旭岳がしっかり見えてました。
でも、丘は日照り続きで緑があまり生き生きしていないし
麦は刈り取られた後で、どうも絵にならず。。。
しかたがないので、旭岳のドアップ観測写真を撮って撮影終了。

CBF95D47-2B4E-4E2F-BF7E-4747952EDEF9

旭岳、まだ雪がありますねー。
今年は残雪が多いそうですよ。

北西の丘の撮影を終えると、日の出公園に移動。
ラベンダーの季節はちょっと終わってますが、かろうじて丘は紫でした。

7397A540-F2F8-4F94-801A-3D251CCF384C

9D95F29D-0166-459A-A41F-42CC5C14A63A

日の出公園では、これといった撮影はせず、展望台で休憩。
しばらくするとお腹もすいたので、日の出公園を後にしました。

次は今回の旅の目的の1つだった
歩人というウィンナー屋さんに向かいました。

歩人は以前から大好きなお店なんですが
初夏から秋にかけてしか営業してないので、なかなかタイミング合わず。

しかも今回はコロナ禍で営業自粛気味でしたが
かろうじてお店の庭で、テイクアウトのウインナーを食べることが出来ました。満足、満足。

741A3647-F206-4804-9356-E1808183BFAC

ウィンナーを食べ終えると、いい感じにチェックインの時間がきたので
予約してあったコテージに向かいました。

コテージは撮影ポイントの近くで探しまして
新栄の丘のすぐ近くにあるココ・リールという一棟貸し切りのコテージにしました。

コテージの庭からも美瑛の丘が見えていました。
83469D7B-8CFE-4381-8161-97FB0EAB666B

コテージは本当に素敵でゆっくりくつろげました。

翌日は、当初は朝から新栄の丘で撮影のつもりでしたが
雲が多い予報で無理そうなので、朝はコテージでのんびりすることに。。。

ベットに入るとすぐに眠りにつきました。



8B88491C-FCF6-4D60-A4B3-840EEC00681F

美瑛への撮影旅行、初日は家を午前2時頃に出て青い池に向かいました。

いつもの写真撮影では夜中に出発してまだ薄暗いうちに撮影ポイントに到着し
ブルーアワーの頃には撮影開始・・・
というパターンなのですが、今回は2時間寝坊。
滝川あたりでブルーアワー、旭川あたりで日の出となりました。

9F14B998-390E-4CE0-A773-8E8C2D5616D5

そして5時ごろに青い池に到着しましたが、青い池は幸いまだ日は出ていませんでした。

656E0514-29FC-46FD-8861-77449DEEA1B6

朝霧の池・・・とか期待したけど、霧の気配なし。
しかも、落ち葉が大量に浮いてる。。。
そうこうしてたら、日の出となりました。

09E4C439-A436-4DC2-B134-52836A532E05

35930474-C19C-480C-A508-EB8394C95CF1

日が出ると雲も消えて青空が水面に映りどんどん鮮やかになっていきました。

55717286-CD67-4C73-A8E9-625A4069A425

池の奥の方は落ち葉が少なかったので、そちらから撮影。

4E5B64A5-8BDA-4872-8A37-3711731D1D8E

FAC50843-61D4-47AA-A0C1-1EA628475184

青い池って小さな人口の池で、行くたびに小さっ!って思うんですけど
今回久々に行ってみたら、なんとも言えない神秘的な雰囲気が漂っていて
多くの人が惹きつけられるのが分かる気がしました。

尚、この撮影の翌週に、美瑛町の役場の方が池の掃除をされたそうです。
今年は雨が少なくて落ち葉などが例年以上に溜まっていたそう。

 *  *  *

青い池を堪能した後は望岳台に向かいました。
この時、十勝連峰は雲の中。

CD28BC17-E54E-4AF3-8815-0CA79B4C0FA8

でも、望岳台に着いた頃には少し雲が消えて十勝岳の頂も若干見えました。
十勝岳とツーショット。。。のつもりですが、見えてないですね。

8B16D036-0823-4CD3-B05D-0607E82B7FDC

望岳台の駐車場では登山客が次々とやってきて、登っていかれました。
そんな中、私たちは椅子を出してコーヒーを飲んでいました。
登山客の方に「登山ですか?」と聞かれたので「いえ、ピクニックです」と答えておきました。

下は十勝岳の登山道。溶岩の道だわーって感じ。

102DD035-152B-4826-9C15-D7BA202499DF

この後、十勝岳温泉に行って、美瑛や富良野側の写真を撮りました。

2216D6BE-227D-4791-9012-5DED1F3F16C0

 *  *  *

この頃はまだ8時前くらいなんですが、既に暑いし眠いしでグッタリ。。。
青い池近くの道の駅の駐車場で仮眠をして、道の駅にあるハンバーガー屋さんで朝食を食べました。

E1195692-8E81-48A2-A5DA-494B91A69981

このハンバーガー1300円くらい?
お肉が上等だな~っていう味で、美味しゅうございました。

そして、この後は1日目の丘の撮影がスタート。

 *  *  *

ご参考:以前、望岳台と十勝岳温泉に行ったときの写真です。



CD8B9A8A-D3DA-4CC9-84C6-05CCCAD4F679

先月、美瑛に撮影旅行に行きました。
美瑛に行くのは1年半ぶり。
そして、写真撮影でわざわざ出かけるのも1年半ぶり。

最近はもっぱらキャンプに行くようになり
当初は写真撮影とキャンプを一緒にしようと思ってましたが
この2つ、心のスタンスが違い過ぎて両立しないことが徐々に分かりました。

ですので、写真撮影をするなら車中泊か、どこかに宿泊ということで
今回、美瑛に宿を取りまして写真撮影に挑みました。
宿は新栄の丘のすぐ近く。
83469D7B-8CFE-4381-8161-97FB0EAB666B

宿を決めるということは、お天気は運任せるしかありません。
実は1日目は結構雲が多くて、十勝連峰は雲の中だし、
丘も太陽の光があまり当たらず、いい写真が撮れませんでした。
DCDE883C-D2FC-434E-92BF-2C41F11BB8D8

B6C8E538-EB29-4145-8B25-184975D4246E

そして夕方、宿に着くと暑さと早朝からの撮影で一気に疲れが。。。
夜に新栄の丘に星空を撮影するプランもあったんですが、疲れと雲が多いので諦めて就寝。

一応、寝る前に2日目の計画を立てるべく、翌朝の天気も調べましたが相変わらず雲の多い予報。
恐らく十勝連峰は見えないだろうと朝の撮影は諦め眠りにつきました。

ところが・・・
翌朝4時。ふと目が覚めて、十勝連峰のライブカメラをみたらなんと快晴!!
慌てて、新栄の丘に向かいました。
2AF0FE81-ECEE-4289-AFC1-FB3A7B6F60CC

丘に着くと、既にカメラをスタンバイしている人たちが5人くらい。
旭岳から朝日が昇るところでした。
94EC9878-3C6A-4D76-A057-136FE100C2F5

十勝岳もくっきり。
8643B313-6DCE-4453-97D6-1F7EC3155744

やがて、十勝連峰にも朝日があたり始め、丘と噴煙が日に照らされます。
C4F6D623-E3A1-40B9-96B3-430EB4BD2AA1

0613CA71-E6F5-4A3A-A3E2-FBEF2729A63E

オプタテシケの印象的なシルエットもくっきり見えます。
66C34659-2093-4CD7-B7F5-73ED6F4E4397

232DCD25-8E80-40FD-898A-F708A12DA3F6

日の出から20分もすると、美瑛の丘が日に照らされて輝きだしました。
美しかったな~。
86891C74-09CA-471C-9563-B901F33FE92E

実は1日目も、日の出の頃には美瑛に到着し、十勝岳の望岳台にも行ったのですが
十勝連峰は一瞬頂が見えただけで、あとはずっと雲の中。

ですので、まさか2日目にこんな素晴らしい
十勝連峰を撮れるとは思いもよらず、本当に感激でした。

尚、1日目は丘の他に青い池に行ったり、望岳台に行ったり、日の出公園に行ったり
色々写真撮影をしています。
また2日目はお天気に恵まれ、夏らしい丘の写真が沢山撮れました。

ですので、ぼちぼちアップしていきます。

FABA95AC-39F2-4C27-AF89-6C7601E4D877

先日、日高町に行きました。
日高町って海に面している部分と山間部と繋がってないんですね?!
海に面している方はもともと門別町だったのが市町村合併で日高町になったそう。

それで、先日行った日高町は山間部の方でした。
写真は沙流川とその向こうにある山は特に名前はありません。標高600mくらい。
iPhoneで撮りました。

1DCC8DFA-344B-4F3C-AC36-64E297446664

札幌から日勝峠に向かって274号線を上がっていくと
穂別ダムを過ぎた峠を越えたあたりから、日高の雰囲気?になります。
山の形が違うんですよね。なんだか雄大な感じに。。。

日高山脈はプレートがめくれあがって?できた山脈
だそうで、世界的にも珍しいのだとか。

日高町には日高山脈博物館というのがあるのですが
行った日はコロナで休館でした。残念。
また機会があったら行ってみようと思います。

E5CFEC8A-8AAF-4F19-B34C-924EF0D72ADE

今年の北海道の春は寒いですね。
6月に入ったので、もう無意根山の雪は殆どないかと思ったらまだ結構白い!
ということで、久々に近所の陸橋に上がって写真を撮りました。

余市岳もまだ白いですよ。
10C55847-D2FF-4876-A28C-36D039EB3FFD

札幌岳は、ちょこっとだけ残ってました。
68A6835C-78A6-48D6-8053-C1695BD35757

特急列車が来たので、無意根山と一緒にパシャリ。
8AEFFCB6-E3B5-404E-B931-413C9461D2D6

8AD57F2E-9651-4006-ABDD-C0DFA634A5D0

ということで、もうしばらく白い頂を楽しめそうです。

603C68E4-3CF5-4B8D-AF70-3C93C16B2172

最近、寒いですよね。
今週、知床では積雪があったよう。
当然、北海道の山々も積雪があったようですが
なんとその翌日、白く輝く暑寒別岳を写真に収めることが出来ました。

暑寒別岳って、十勝連峰や旭岳のようにわざわざ写真を撮りに行く機会がなく
深川や滝川を通る度に、いつか写真に収められたらいいな~と思ってんです。

そこで、撮影ポイントだけは決めてタイミングを見計らっていたら
今週、滝川に行く機会があったので、ここぞとばかりにカメラを持参。
幸いお天気に恵まれ、更に5月半ばなのに真っ白な暑寒別岳を撮ることが出来ました。

FA5AC204-DBB4-411E-97C0-4D55180642CD

ピンネシリ、隈根尻山もきれいでした。
8B79E5C6-CC1D-4D02-84DE-1C30D772C5C1


ドアップ!
80862CC7-8303-4A1D-B8F6-562B6060B844

次に撮影ポイントを変えて。。。再び暑寒別岳。
486ACBC2-C205-4F9B-AA2E-47D9C8621359

これ、群別岳かな~?
4EE57124-7B69-4847-9606-72589DD5C00D

ここでも、暑寒別岳のドアップ!
3962B71D-5886-4A2E-BCA7-08871CB2FA26

そして、再びピンネシリ。
285237CE-2ACC-4DF7-8AD7-680A64747865

ピンネシリもドアップ!
60792831-08AD-443D-B9B4-62E0CAC6F92B

ついでに隈根尻山もドアップ!
74B4378C-6150-45CF-BA49-846A63A68B9B


ということで、念願が叶って満足でした。

4BCD7978-B88A-4980-86BD-05CA05979268

今朝は外に出たら、雲一つな青空に白い暑寒別の山々がクッキリ!
昨日は札幌市内でも雪が降りましたが、お陰で山は白は冬並みに真っ白!

これは写真に収めなくては?!
と、一眼レフを持って近所の陸橋に行きました。

まずは暑寒別岳↓
1F3C1CB9-2833-4011-854A-6F7FD00B14A3

ピンネシリ。
0BFD35DA-59E2-4E16-A076-7B5A837158C8

続いて札幌市内の山々。

北から手稲山。てっぺんがゲジゲジちっく。
627EFA0D-6524-4435-8036-E1AC66CADF64

向かって左が余市岳。右は白井岳?
DAFE0A78-C1F5-495E-89A7-71A47B02F377

百松沢山。
ADF869CB-993F-4964-A366-F47F19373912

無意根山。チラッって見てる感。。。
048FCD27-30F3-4B98-8A89-5660CC2C0FE2

06C73755-AA6F-4333-95C9-7E22A5CE5445

札幌岳。相変わらずかっこいい。。。
3DD7F4F3-279A-451E-97B9-84CE8C10D68B

以上、久々の一眼レフの山写真でした。
F1BB6371-33C7-494B-A891-9F3FCB44436B

9F65F6E5-C115-4237-BA6B-11C6B025490C

昨日、2021年3月20日に陸橋に上がって写真を撮りました。↑ 
そして、iPhoneを見ていたら2020年の3月21日の写真が出てきました。↓

7D2C8ED1-35E4-4E2C-A50B-636F68A3AEF7

2020年と2021年の雪解け具合、殆ど同じですね。

一方で、2018年3月21日はこちら↓。3月下旬ですが結構、雪が残ってますよね。

DSC_0834_00001_01

やっぱり、今年も雪解けは早いんだな~。

尚、我が家にとって3月20日は6年前に娘が大学受験で本州の大学に合格をした日、
また、2019年の3月21日は娘が卒業で引越すために手伝いで本州に向かった日でして
お陰で、この時期は色々な思い出が湧き上がってきます。

で、それとは全く関係ないけど
この時期に定点観測的に陸橋に上って写真を撮るのも、毎年恒例にしたいと思います。

DSC_0027_00001_01

2017年10月は毎週のように撮影に出かけましたが、その後はお天気や予定が合わなくて、12月に入りようやく休みの日の晴れた日に支笏湖に行きました。この日は支笏湖で恵庭岳を撮影し、その後苫小牧に行って樽前山を撮りました。いずれも雪雲がかかって鮮明には撮れませんでした。

WS000820
WS000821
DSC_0034_00001_02
WS000826
WS000825
WS000823
WS000824

56569DFD-5F12-4A41-8955-744125B50261

久々に家の近くの陸橋に上がってiPhoneで写真を撮りました。
2018年、2019年の3月にも陸橋の写真をアップしているので比較のため。

2020年は写欲ダウンで何も撮ってませんが、恐らく今年より雪解けは早かったと思います。

2019年も雪が少なかったですね。
2019年3月3日。3月初めにして既に雪解け感が。。。
CB7D51F3-88B1-4584-A463-B73BFAD9F142


2018年は雪が多かったし寒かった記憶があります。
2018年3月21日はこちら。3月下旬ですが結構、雪が残ってますよね。
DSC_0834_00001_01

ということで、久々の陸橋からの写真でした。

DSC_0066_00001

2017年の10月の週末は毎週晴天でしたので、美瑛に行った翌週は道東まで撮影に出かけました。夜中に道東に向かいサロマ湖で朝日を撮影して、その後は知床まで足を延ばしました。知床連山(羅臼岳)と斜里岳を撮りたいと思って出かけましたが、どちらも微妙に頂に雲がかかっていて全景は収められず。ちょっと悔しさの残る遠征でした。

WS000786
WS000788
WS000789
WS000790
WS000791
WS000792
WS000793
WS000794
WS000795
WS000796
WS000797
WS000798
WS000800
DSC_0109_00001
DSC_0126_00001
WS000799
WS000801
WS000802
WS000803
WS000804
WS000805
WS000806
WS000807
WS000808
WS000809
WS000810
WS000811
DSC_0192_00001
DSC_0213_00001_01
WS000812
WS000813
WS000814
WS000815




DSC_0767_00001

シューパロ湖で夕張岳を撮った翌週、今度は美瑛に撮影に行きました。2017年の10月は毎週末お天気に恵まれ、今日撮影に行かなくていつ行くの?って感じでした。この日の朝の撮影ポイントは「五稜の丘」という旭川寄りの少しマイナーな場所。大雪山系が一望できましたが、十勝連峰は少し遠くて山の撮影としては中途半端な感じでした。日の出の後は美瑛の色々な場所から十勝連峰を撮影しました。丁度、十勝連峰が冠雪していて秋の丘とのコントラストがとてもきれいでした。

WS000757
WS000758
WS000759
WS000760
WS000761
WS000762
WS000763
WS000764

WS000765
WS000766
WS000767
WS000768
WS000769
WS000770
WS000771
WS000772

WS000773
WS000774
WS000775
WS000776
WS000777
WS000779
WS000780
WS000781
WS000782
WS000783
WS000784
WS000785

6491166E-A354-46C4-977A-E70B05A58996

NikonD5600を購入して三国峠で撮影をした翌週、今度は近場の夕張岳を撮りにシューパロ湖に出かけました。シューパロ湖についたとき、なんと小雨がぱらつき辺りは雲で真っ暗。これはムダ足だったか・・・と思ったけれど、日の出が近づくと徐々に雲が消えていきました。やがて雲の中からゆっくりと夕張岳が姿を現す様は、なんとも荘厳で素晴らしかったです。

WS000737
WS000738
WS000739
WS000740
WS000741
WS000742
WS000744
WS000745
WS000746
WS000747
WS000748
WS000749
WS000750
6491166E-A354-46C4-977A-E70B05A58996
WS000752
WS000753
WS000754
WS000755
WS000756


BC03B9E2-9450-4C08-A9AF-8AF0A35EEE1F

NikonD5600を購入して最初に撮影に行ったのが初秋の三国峠でした。 その後、三国峠には度々も撮影に行きましたが、今思えば2017年10月8日の三国峠が一番きれいだったように思います。とにかく大自然の息吹に圧倒されながらの撮影でした。  尚、この時はまだ三脚を持っていなかったので、全て手持ちで撮りました。 手持ちと言っても、橋の欄干に腕を固定したのでブレは殆どなかったです。撮影後は糠平湖やナイタイ高原に行きました。

WS000708

WS000709
WS000710
WS000711
DSC_0179
WS000712
WS000713
WS000714
WS000715
WS000717
WS000718
WS000719
WS000720
WS000721
WS000722
WS000723
WS000724
WS000725
WS000735
WS000736
WS000727
WS000734
WS000733
WS000728
WS000729
WS000730
WS000731
WS000732


805104b2

2018年の秋にNikonD5600を購入しました。それ以後、沢山の山の写真を撮りましたが、2020年にコロナ禍の影響もあるのでしょうか、写欲ががっくりと落ちてしまい、めったに写真を撮らなくなりました。そこで1年が過ぎた2021年・・・もう一度、写欲のあった頃を思い出すべく、未公開写真も含めた撮影記録を残すことにしました。少しずつ更新していきます。

750_2765 (1)

前回の投稿に引き続き、大雪山愛別岳の写真です。
これは夫が撮りました。

雲一つない満点の星空を2時間くらい眺めながらの撮影でした。
今思うと、本当にあのタイミング(3月下旬)で行って良かった、としみじみ。

出来るときにするって大事ですね。
ある日突然、何もできなくなることもある訳で。。。

下の写真は、今からちょうど2年前の5月に
夫が愛別岳と天の川を撮ったものです。
微妙に撮影場所も今回とは違います。
懐かしいです。

ダウンロード





DSC_0657-3

コロナで大変なこの頃ですが
まだ北海道にも余裕があった先月下旬、
1年半ぶりに大雪山愛別岳の麓に写真撮影に行きました。

この日の目的は
夫による天の川と愛別岳の写真撮影。

撮影ポイントに夜中の1時に到着し
そこから夫が天の川の写真を撮りました。
雲一つない素晴らしい星空でした。

その後、少し仮眠して
日の出前に再びスタンバイ。
私はここから撮影参加しまして
撮ったのが上の写真。

久々の愛別岳は本当に美しかったです。
ただ、ほぼ徹夜ですし、気温も氷点下だし
雪の上で夜中から朝方まで撮影って修行のようでした。

星空の写真は改めて載せます。

DSC_0512-2

久々の投稿です。
今年は雪解けが早く雪景色の写真は
もはや季節外れな感じですが
1月にウトナイ湖に行きまして、幌尻岳が見えたので撮りました。
ウトナイ湖から幌尻岳(2,052m)が見えるなんて、今まで気づきませんでした。
カールも見えてますね。
鋭い山容の戸蔦別岳(1,959m)もしっかり見えています。

DSC_0511-2

幌尻岳は見える場所は殆どない・・・と聞いていて
わざわざ日高の見える場所まで行って写真を撮ったことがあります。↓

DSC_0290-2




でも、ウトナイ湖から見えると分かって嬉しかったです。
尚、スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドからも見えるそうで
こちらもいつか行って、幌尻岳を写真に収めたいです。

尚、ウトナイ湖では小鳥が色々いました。
撮れたのはこれくらい。。。ウソっていう鳥だそう。

DSC_0497-2

鳥の写真も練習したいと思います。

AC689A87-3F92-4226-B7F8-B18E0E53F0AD

今年一番の寒さだった先日、雪中キャンプに行っておりました。
夜は氷点下16度くらいまで下がりました。

放射冷却で気温の下がった朝は山がきれいに見えます。
泊まったキャンプ場は嬉しいことに、樽前山と恵庭岳が見えるので
望遠レンズを持って行き、朝日があたる両山を撮影をしました。
上は樽前山。溶岩ドームも見えますね。

下は恵庭岳。
少し高台に上がらないと見えないので、登って撮りました。
噴火口が見えます。

F6B7BDF8-A7D6-4B97-BFE8-94019437D548

キャンプ場からの眺めはこんな感じ。
向かって左は樽前山、右は恵庭岳ではなく紋別岳かと。。。
AB46D393-CF9C-4C09-BC30-FF69B235A074

このキャンプ場、冬はユーチューバーさんたちが誰かしら来て撮影しています。
この日はドローンを飛ばしているユーチューバーさんがいました。
我が家のテント、時々ユーチューバーさんの動画に映り込んでいます。

昨年はキャンプにはまって
山の撮影があまり出来ませんでした。
今年はキャンプしながら、望遠レンズで山を撮りたいな~と思っていたのですが
幸先のよいスタートが切れました。

最後に、去年の放射冷却で氷点下25度まで下がった朝に撮った
大雪山の写真もどうぞ。







076274B5-7D06-44DE-9C96-B02FA01E4040

遅ればせながら
明けましておめでとうございます!

長らく放置ブログでしたが
今年は新年早々に夕張岳が撮れたので
早速アップします。

由仁町を車で走行中に満月と夕張岳が見えたので
横道に入って撮りました。

年明け早々に、いきなり夕張岳と会えるなんて・・・
それも満月と一緒に。
これは縁起いい!

80EC3C16-950D-4A9A-9E94-2E99899D2EE2


1581E0DE-D6C6-47F3-ADA9-13BE2FC22E95
iPhone6s

先日、朱鞠内湖に行きました。
相変わらず写真の現像でもたついているので
取り急ぎiPhone写真・・・それも動画のスクショをアップします。

朱鞠内湖は滞在中、結構冷え込んで冷たい雨やあられが降っていました。
でも、紅葉は素晴らしかったです。

0D633868-7339-4489-9184-5A26E07E1FE0
iPhone6s

朱鞠内湖はかなり奥深いところにありますが
訪れる人たちが結構多いのに驚きました。
キャンプ場もですが、釣りにボートに宿泊施設に
入れ替わり立ち替わり人がやってきていました。
でも、人がいてもとても静かなところでした。

それから、行きに暑寒別岳が見えたのですが頂が白かったです。
5E9C48E0-D845-41CF-847B-2FDCF8C90428
iPhone6s

拡大しまくりで、画像が粗くてすみません。
滝川あたりで白い頂が見えたときは感動でした。

ということで、Nikonで撮った写真は
頑張って?現像したらアップします!

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


DSC_0100

また、支笏湖に行ってきました。
着いた日、支笏湖は無風で桃源郷?っていうくらい
幻想的な雰囲気に包まれていました。

さて、前回、支笏湖に行ったとき、いっぱい恵庭岳を撮ったんですよね。


それなのに結局、あんまり載せないで終わったので
(現像するのがどうにも、おっくうで・・・)
今回は一気に載せてしまいます。

タイトルの七変化ですが・・・
写真は上のも入れて6枚です。
だからホントは六変化?

今回の撮影では、支笏湖の表情の変化に魅せられまくりでした。
そして湖とともに恵庭岳も刻々と変化していきました。

では、刻々と変化する恵庭岳の様々な表情をご覧ください。
DSC_0098

DSC_0105
DSC_0167-2
DSC_0175
DSC_0186

最後に、恵庭岳ではなくて風不死岳の写真もせっかくなので載せておきます。
DSC_0276

419F1483-A10B-43CF-8392-C96F3C861943

すっかりご無沙汰です。
8月から先日まで、仕事にプライベートに忙しく
ブログは放置状態でした。

そんな中、今日は買い物帰りにいつもの陸橋に通りかかった時、
昨年の北海道地震の後、ここから写真撮らなかったっけ?と思い
iPhoneを見たら、なんと昨年の同じ日、同じ時刻、同じ場所で
写真を撮っているじゃないですか!
その写真を載せた記事です。



写真を比べて見ましょう。
上が去年、下が今年です。
去年は灯りがないですよね。。。WS000673
WS000674

電気があるってありがたいですね。。。
そして、今年はまだ台風被害もありません。
(去年は地震の前日の台風被害も酷かった。。。)

感謝して過ごさないとな~と思った今年の9月でした。

85B143AB-6257-4A85-8837-1C4A4D65FE79

前回投稿した素敵な恵庭岳は美笛から撮ったものです。

これまで、支笏湖での恵庭岳撮影はいつもモラップから撮っていました。
モラップからの恵庭岳って、私的にフォルムがイマイチ。。。

そんな中、美笛での撮影の帰りにモラップにも寄ったので
その際にスワンボートと恵庭岳を一緒に収めてみたのがトップの写真。
モラップでの恵庭岳撮影ってテンションが上がらなかったのですが
スワンと一緒に撮ったらテンション上がりました。

かわいくないですか?


尚、モラップにはスワンボートが沢山ありました。
6A17F4BC-9D15-4A52-BD6A-DC6782E0D01A

圧巻ですね!


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0071-2

ああ・・・ついに、ついに・・・
素敵な恵庭岳が撮れました~。うるる。。。

上の写真は、今朝の支笏湖と恵庭岳です。
我が家は平日が休みなので、今朝、恵庭岳を仕留めるべく支笏湖に行きました。

そしたら、美しい恵庭岳を朝日と共に写真に収めることが出来ました。
うう・・・嬉しい。

長かった恵庭岳との戦い・・・(↓過去記事ご参照)
WS000586

挙句の果てには、悪い山扱い

WS000587

でも、札幌から見える山の中では圧倒的にカッコいい山だから
なんとか、素敵に撮りたいとずっと思っておりました。

ということで、同じ写真ですがもう一度アップ。
他にも、これでもかというくらい今回、恵庭岳を撮りましたので
ぼちぼちアップしていきます。

DSC_0071-2

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


DSC_0372

相変わらず、山の写真を撮ってないので過去写真を。。。

上の写真は珍しく海の写真。
去年の今頃、ずっとお天気が悪くて
山の写真を撮りに行けなかったので、海に行きました。
石狩の厚田公園から見た日本海。

別にどおってことない写真ですけど
厚田は最近、キャンプでよく行ってまして
お世話になってるんで写真も載せてみました。

下は、お馴染み?シューパロ湖と夕張岳。
2番目の方の写真は夕方に撮ったので暗いです。

DSC_0378-2


DSC_0427

私が載せてる夕張岳の写真はアップが多いんですが
実際に見える景色はこんな感じで夕張岳は奥にあるんですよね。

雪があると、夕張岳は真っ白だから目立つんですが
雪がないと、周りの山に溶け込んであまり目立たない。
比較のために、雪のあるときの写真を。。。

DSC_0429

雪があると白く輝いてますね。
でも、どんな夕張岳も好きです。

ということで、相変わらず1年前のお話でした。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

4CED0F45-5714-474F-9E6D-90D5C164F36B

最近、仕事が忙しいのと、休みはキャンプに行くようになりまして
写真が全然撮れておりません。。。

しかたがないので、去年撮った写真で
未公開のモノを時々、アップします。

これは、去年の今頃撮った十勝岳。
望岳台の駐車場で一晩明かして翌朝撮ったものです。
その時の記事はこちら

1377D7FD-C6BF-4891-ACE7-1FC45F2C4B31

実はこの日は霧が凄くて
望岳台も最初は霧の中だったので
望岳台より標高の高い十勝岳温泉に行ってみたら
霧の上に抜けることができまして雲海が見れました。
その時の記事はこちら

0DED9805-D862-4809-9E35-FDB807CAAC6E

十勝岳の写真を撮った後は、旭川空港で飛行機を撮りました。
滑走路の手前に車を止められる場所があり
着陸寸前の飛行機が頭上を飛んでおりました。
すごい迫力でした。

そのときの記事はこちら

以上が去年の今頃の写真でした。
そろそろ、写真を撮らないとカメラの使い方忘れそうです。。。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

WS000527
冒頭から人様のお写真を拝借。(ヤマケイオンラインより)

前回の投稿で、恵庭岳が悪い山っぽい・・・
と書きましたが、これはダメという意味でなく
厳めしい、険しい感じがする山ってことで
恵庭岳のこのシルエットは私的には悪役のイメージ?↓
0748D8EC-C331-41AF-BE05-B944BC232C01

同じように感じる山では、ニペソツ山があるんですが
ニペソツ山の厳めしさって登らないと見えないので
冒頭の人様のお写真を拝借しました。(ヤマケイオンラインより)
そして、私的にニペソツ山は究極の悪・・・ラスボスってイメージです。
WS000527

逆に、良い山・・・品行方正でみんなの人気者
っていう感じの山で、真っ先の浮かぶのは斜里岳です。
実際に人気者だし。
A343125F-58A1-4ADA-A254-355FE778E925

斜里岳もニペソツ山も恵庭岳も
先の尖った三角形の山なのに
なぜ、こんなに印象が違うのでしょう?

山の斜面の角度?先端の尖がり具合?
表面のゴツゴツ具合い?
色々考えられますが、3つの山はそれぞれに大好きです。


以上、私のくだらない主観のお話でした。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

19009D52-4CE2-48EA-A88B-01E55CE4BB5D
iPhone6s

晴天が続いてますね。
我が家は夫が平日がお休みのため
私も一緒に平日をお休みにしています。

昨日は南幌に出かけました。
家から30分くらいの近場ですが
山々のロケーションが素晴らしい。

北は暑寒別、東は芦別岳・夕張岳、
西に至っては手稲山から支笏湖の山まで一望できます。

上の写真は恵庭岳。
iPhoneしかなかったので画像は粗いですが風景は綺麗でした。

恵庭岳は北広島と長沼の境あたりから
夕方見ると凄い迫力あるんですよねー。
オレンジ色に染まった空に浮かび上がる尖がったシルエットは
獄門島とか、鬼ヶ島・・・ってタイトルが出てきそうな悪い山感?
厳めしい雰囲気があるんです。

その雰囲気伝わるかな?上の写真を拡大↓
0748D8EC-C331-41AF-BE05-B944BC232C01


支笏湖から手稲山まで一望できる景色はこちら。↓
8C74EC32-C36D-40DB-B219-80803CB4FCEE
iPhone6s

こういう写真を撮ると山の名前と標高を入れたくなります。。。
でも、時間がなくてそこまでなかなか出来ないですが。

いずれにしても、
次回はちゃんとカメラを持って行って
写真に収めたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

3758268F-7C6E-4CF2-979E-DE5E9F929831
NikonD5600
先日、由仁町にキャンプに行きました。

由仁町からは夕張岳が見えます。
ですが、キャンプだったので、写真を撮る気はあまりなく。。。
一応、キャンプ場近くに夕張岳が見えるスポット見つけたものの
翌朝の予報は曇りだったので撮影は諦めていました。

それが翌朝の4時頃に鳥の大合唱で目が覚めたので
散歩がてら、三脚も持たず、設定もろくにせず
ふらりと夕張岳の見えるスポットに行ってみると・・・

なんと上の絶景で焦りまくり。
結果、手ブレ&ピンぼけ・・・です。
まあ、こんな素晴らしい光景を見れたので良しとしましょう。

尚、お昼に見えた夕張岳です。
白い頂が大分、禿げかけてますね。
4A981307-955A-4E30-A682-3B534241D6CA
iPhone6s

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




s_DSC_0472

昨日は快晴でしたね。
夫も私も仕事でお出かけは出来ないので
ならば朝のうちに陸橋から撮るぞ!
と、早朝6時過ぎに600ミリのレンズをカメラに装着していざ、陸橋へ!

お目当ては白い頂の無意根山と余市岳。
既に札幌の背後の山々は雪がなくなってきてるので
札幌周辺で標高1400メートル台を誇る?トップ2の
余市岳と無意根山が白く見えるのも今のうち。

そして、朝は横からの日差しで白さが一層増すはず!!
・・・と思ってたんですが、この時期、日の出は4時半ごろなんですね。
6時では既にお日様はかなり高い位置でした。

ということで、とりあえず白い頂を600ミリのレンズで捉えました!
まず、無意根山。急斜面は既に禿げ気味。。。
DSC_0448

そして、札幌で一番高い山の余市岳。
こちらもてっぺんと尾根は禿げ気味ですね。
DSC_0452

でもまあ、2つの頂が白いうちになんか捉えることが出来て満足です。
その他の山も撮ってますので、ぼちぼちアップしていきます。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ