山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

東大雪

9D8AC3DE-7598-4AF3-A7B6-1149B2771902

糠平湖から十勝を抜けて高速で札幌まで帰る途中にある
ナイタイ高原の景色が素晴らしいとかで寄ってみた。
本州の人たちが見たら感動する景色なんだろうなあ~・・・
だけど、三国峠を見てきた後だと、北海道らしい景色だね・・・で終わってしまう。

5A0A810D-5B96-4416-848D-9F162D239F81

ナイタイ山(1,321m)の麓ナイタイ高原は牧場になっていて牛が放牧されていた。
ナイタイ山は遠目に見てかなり高い山に見えていて
調べたら恵庭岳くらいの標高だから、どうりで立派な山だわ~。
この山の裏には道内一標高の高い湖、然別湖がある。
*写真はギリギリ山が写ってない。。。ナイタイ山は向かって右の雲の中。

20171008
NikonD5600

三国峠では日が昇りきった6時半ごろ、撤収した。
この日は雪が降る直前の紅葉のタイミングってことで
カメラと三脚を持った人たちが道沿いに沢山たけど皆、同じ頃に撤収。
その後、向かった先は糠平湖。


B6E83421-00AB-472C-BECC-0194A7EEAD0C

5月に来たときはまだ水はなくタウシュベツ橋梁は丸見えだったんだけど
今回は湖中に完全に沈む一歩手前だった。
来年の春の雪解け後、アーチは崩壊せず残っているだろうか。。。

遠目からタウシュベツ橋梁を眺めたら、次は十勝のナイタイ高原に向かった。

4D6BE011-7077-4311-B6F3-14909D857345


20171008
NikonD5600

CDF16436-025F-4035-91D4-5E2937F56DBC

三国峠では300枚くらい写真を撮って
その中で気に入ったのはこの2枚。

C3F8A7A8-3DF6-4FE4-BF5C-1240D62170B3

三国峠なのに、松見大橋でもなく樹海でもなく紅葉でもなく二ぺ様でもなく
オッパイ山のシルエットと雲海っていうの、どうよ。。。
とツッコミつつも、この2枚を見ると幸福感。
なんとなくおどろおどろしくも神々しい感がたまらない。。。

撮りたいのは山の神々しさ、畏れ多い感じがが出てる写真なのかもな~
と、この2枚を見て思う。

20171008
NikonD5600

C1824A4B-6728-4F24-97B6-27C0BA8002D0

朝の三国峠は西クマネシリ岳の方から昇る朝日と
広大な樹海に浮かび上がる松見大橋が見どころだけど
西側には、ニペソツ山(2,012m)、ウペペサンケ山(1,848m)がそびえている。
その雄大な姿は二ぺ様、ウペ様・・・と拝みたくなるほど。
三国峠の景色は本当に贅沢だわ。。。

20171008
NikonD5600

8B837D1F-9906-43A9-805A-A445A97F42E0

周囲が明るくなってくると、シャッタスピードも上がって
ようやく心に余裕が出来たので、改めて目の前の景色を眺める。
すごい景色。これから日の出まではショータイムだなあ。。。
気合が入る。

20171008
NikonD5600

FB3E85BC-74DE-41DF-A6DB-D2036C04D376

NikonD5600でのカメラデビューは暗闇の中、
絞りとかISOとか、まだちょっとよく分からない・・・
でもって三脚がないのでブレまくる。
あれこれ試して、橋の欄干で腕を固定し、モニター手押しで
シャッターを切ってなんとかブレなくなった最初の写真。


20171008 上士幌町
NikonD5600

dsc_0265
遂にアイフォンを卒業して一眼レフデビュー!
ということで、記念すべきデビューの地は道内の風景フォトグラファーの聖地?「三国峠」
雨の予報の中、出かけてみたら、なんと快晴&雲海&紅葉
私、山の神様に愛されてるかも?!
一番高い山は西クマネシリ岳(1,584m)、ピリベツ岳(1,557m)
この2つの山は通称“オッパイ山”と言われている。
オッパイ山の向かって右隣が南クマネシリ岳(1,512m)

20171008
Nikon D5600

20170505_005241604_iOS

三国峠から三股を通って糠平湖まで足を延ばした。
つい数日前、タウシュベツ橋梁が崩壊の危機とテレビで放送されていたので
見に行ってみたが、なんでも最近、熊が出たとかで近くに行く道は閉鎖中。
しかたなく遠くから土の色と同化して見えにく橋をズームで写して見学終了。

糠平湖
iPhone

↑このページのトップヘ