山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

風景写真

1251EF21-1FAD-44F3-8484-90A4B87EA088

日が昇ると同時に溢れだすショータイム終了感。。。
まだ朝の7時過ぎだというのに、もう一仕事終えて昼休み。。。みたいな気だるい感覚。
そんな肩の力の抜けた雰囲気の中で撮った気楽な1枚。

NikonD5600

AC985370-25FC-414B-828D-595C1B97FACB

いよいよ日の出・・・という頃、夕張岳が雲から顔を出した!

32465F4C-BC11-4E92-92AC-531F952AA772

シューパロ湖からはお日様も顔を出した!
先週の三国峠に続いて2週連続で日の出を拝んだ週末。ラッキー。

NikonD5600

08086327-44D2-4A29-9F66-6BF6BB86089D

夫が仕事のある週末。
出社前に近場の山を撮りに行こう、となり夕張岳の見えるシューパロ湖に行った。
到着した時は雨降りだったけど、徐々に雲が消えて空が明るくなってきた。
夕張岳見えるかな~・・・と思いながらカメラをスタンバイ。今回は三脚も用意した。

20171014
iPhone

9D8AC3DE-7598-4AF3-A7B6-1149B2771902

糠平湖から十勝を抜けて高速で札幌まで帰る途中にある
ナイタイ高原の景色が素晴らしいとかで寄ってみた。
本州の人たちが見たら感動する景色なんだろうなあ~・・・
だけど、三国峠を見てきた後だと、北海道らしい景色だね・・・で終わってしまう。

5A0A810D-5B96-4416-848D-9F162D239F81

ナイタイ山(1,321m)の麓ナイタイ高原は牧場になっていて牛が放牧されていた。
ナイタイ山は遠目に見てかなり高い山に見えていて
調べたら恵庭岳くらいの標高だから、どうりで立派な山だわ~。
この山の裏には道内一標高の高い湖、然別湖がある。
*写真はギリギリ山が写ってない。。。ナイタイ山は向かって右の雲の中。

20171008
NikonD5600

三国峠では日が昇りきった6時半ごろ、撤収した。
この日は雪が降る直前の紅葉のタイミングってことで
カメラと三脚を持った人たちが道沿いに沢山たけど皆、同じ頃に撤収。
その後、向かった先は糠平湖。


B6E83421-00AB-472C-BECC-0194A7EEAD0C

5月に来たときはまだ水はなくタウシュベツ橋梁は丸見えだったんだけど
今回は湖中に完全に沈む一歩手前だった。
来年の春の雪解け後、アーチは崩壊せず残っているだろうか。。。

遠目からタウシュベツ橋梁を眺めたら、次は十勝のナイタイ高原に向かった。

4D6BE011-7077-4311-B6F3-14909D857345


20171008
NikonD5600

8B837D1F-9906-43A9-805A-A445A97F42E0

周囲が明るくなってくると、シャッタスピードも上がって
ようやく心に余裕が出来たので、改めて目の前の景色を眺める。
すごい景色。これから日の出まではショータイムだなあ。。。
気合が入る。

20171008
NikonD5600

FB3E85BC-74DE-41DF-A6DB-D2036C04D376

NikonD5600でのカメラデビューは暗闇の中、
絞りとかISOとか、まだちょっとよく分からない・・・
でもって三脚がないのでブレまくる。
あれこれ試して、橋の欄干で腕を固定し、モニター手押しで
シャッターを切ってなんとかブレなくなった最初の写真。


20171008 上士幌町
NikonD5600

27924E62-EA17-4B73-AD0C-F9A3CCC8C8AB

稚内の帰り道はオホーツク海側を通って
浜頓別から内陸に入り、途中、朱鞠内湖に寄ってみた。

59D4E293-E4F3-420D-8106-C2DF7BFB72B8

ダム湖だけど、天然の湖のような雰囲気がある湖だった。
静かで心地よくて1時間くらいここでボーっと過ごし帰路についた。

幌加内町
iPhone

2122A0B7-3609-4C75-8ECA-1A700DE24BA6

宗谷に行ったら、ここは行っておかないと。
まあ、特に何があるって訳でもないけど
青い海のかなたを見ながら日本の最北端にいるだ~って思うのがいい気分。
朝の利尻島でも思ったけど、宗谷の海は青くて本当にきれい。

稚内市
iPhone

5BCD158A-BA05-4BAD-B265-256CEDB6D44B

白い道を上っていくと丘陵地が広がっていた。
その向こうは宗谷岬とオホーツク海。

B3C37FF3-D6DF-47F2-ABBB-667A7A406F88

南側には風車が沢山立ち並び、風の谷のナウシカのような光景。
稚内のことを最北端の小さな港町だと思っていたけど
全然違ってました。ごめんなさい。

稚内市
iPhone

↑このページのトップヘ