北海道~山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

大雪山

750_2765 (1)

前回の投稿に引き続き、大雪山愛別岳の写真です。
これは夫が撮りました。

雲一つない満点の星空を2時間くらい眺めながらの撮影でした。
今思うと、本当にあのタイミング(3月下旬)で行って良かった、としみじみ。

出来るときにするって大事ですね。
ある日突然、何もできなくなることもある訳で。。。

下の写真は、今からちょうど2年前の5月に
夫が愛別岳と天の川を撮ったものです。
微妙に撮影場所も今回とは違います。
懐かしいです。

ダウンロード





DSC_0657-3

コロナで大変なこの頃ですが
まだ北海道にも余裕があった先月下旬、
1年半ぶりに大雪山愛別岳の麓に写真撮影に行きました。

この日の目的は
夫による天の川と愛別岳の写真撮影。

撮影ポイントに夜中の1時に到着し
そこから夫が天の川の写真を撮りました。
雲一つない素晴らしい星空でした。

その後、少し仮眠して
日の出前に再びスタンバイ。
私はここから撮影参加しまして
撮ったのが上の写真。

久々の愛別岳は本当に美しかったです。
ただ、ほぼ徹夜ですし、気温も氷点下だし
雪の上で夜中から朝方まで撮影って修行のようでした。

星空の写真は改めて載せます。

IMG_6288
iPhone6s

今日は、夫のiPhoneのメモリー機能によりますと・・・
丁度2年前、美瑛に行った日らしいです。

このブログを始めた頃でもありますが
写真を撮り始めることを思い立ち
まだカメラはなかったけれど
まずは美瑛に十勝連峰を見に行こう!ってことで
暗いうちに美瑛に向かいました。

が・・・喜び勇んで向かった美瑛は霧で何も見えず・・・
IMG_6263

しかたないので、上川町の大雪森のガーデンというところに
初めて行ってみました。
トップと下の写真はそのときのもの。

IMG_6304

雲の向こうは大雪山、愛別岳です。
雲の流れが速く、大雪山はチラリと見えたり隠れたりしてました。

つまり、2年前の今日は愛別岳との出会い日だったですね。
この日から、ここに何度通ったかなあ~。

この日、大雪山の隣のニセカウはしっかり見えましたよ。

IMG_6316

そして、この後、上川町から再び美瑛に戻ったら
十勝連峰もバッチリ見えました。

IMG_6333

ということで、iPhoneに促され?
2年前を振り返ってみました。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

尚、大雪森のガーデンはフェイスブックページがあり
ここで時々、愛別岳の写真がアップされます。
下は今年の4月1日の写真。
まだしっかり雪がありますね。

WS000450

DSC_0331
NikonD5600

随分、投稿スパンが開いてしまいました。
美瑛に行ってから1ヶ月近く経ってる!?

取り急ぎ、旭岳ドーン!の続きでトムラウシ山です。
トムラウシって奥にあるんで下界からはちょっと見えづらい。
でも、この美瑛の見晴らしのいい丘からはよく見えました。
登山をされる方々にはとっても人気の山ですよね。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

ということで、この丘からの眺め、素晴らしかったです。

DSC_0332
NikonD5600

1A949030-5570-4B38-AC31-0E7EAF0C86FF
NikonD5600

バタバタしてて、現像が進みません。。。
この調子だと美瑛の写真が投稿し終わるのは2月初旬になりそう。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

さて、十勝岳の撮影ポイントに向かう途中、
旭岳がドーン!と見える場所を発見!

車を降りて林の中を少し歩いて、見晴らしのいいポイントに出ました。
見てください、この旭岳の雄姿を。。。

旭岳は正面より、斜め横から見る方が好きです。
このポイントは、旭岳がとってもイケメンに見えます。

C04A1AC9-8129-4643-8629-FB6E17018FBB

*真ん中の出っ張りは北鎮岳?その向かって左隣、安足間岳、比布岳、端っこは愛別岳です。
1A949030-5570-4B38-AC31-0E7EAF0C86FF
NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


1DB00119-FDAF-4B86-A1F0-E90B2242BA8C
NikonD5600

時間がなくて現像がなかなか進みません。。。
が・・・アクセスが増えてるのでちょっとずつアップしていきます!

新栄の丘から見える大雪山系に
雲がかかって何も見えなくなったので撤収した後、
十勝岳が見えるポイントをチェックしておきたくて
そこに向かうことにしました。

向かう途中で天気は回復し、丸山橋にさしかかったところで
橋の上にはカメラを持った人たちが!?

車を止めて降りてみると
川の毛嵐、木々の霧氷、遠くに旭岳が見えていました。
更に・・・ダイヤモンドダストも!

そして空は透き通るように青いし
雪は輝くように白いし、なんて風景なんだ

ってことで、とりあえず霧氷と旭岳の写真です。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0174

今週、平日の夫がお休みの日に
GPVを調べると、翌朝、大雪山付近は雲のない快晴の予報。
これは、雪を被った晩秋の愛別岳を撮らねば!
と喜び勇んで出かけました。

が・・・あまりはずれることのないGPVが、この日は大ハズレ!
一番最初にピント合わせもせず、とりあえず撮った写真だけ、
かろうじて愛別岳の頂を捉えましたが(上の写真)
この数秒後にはどんどん雲が出てきました。

3AD452EF-F95D-4178-93E7-1303BCFAD587

結局、GPVで快晴と予報が出ていた7時頃には、あたり一帯は雲で何も見えず。
しかたがないので、付近の樹木などを撮って晩秋の朝を味わいました。

DSC_0202

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
NikonD5600

DSC_0130

10月初めの朝、三国峠に行った帰りに愛別岳を見に行きました。
途中、大雪湖からは大雪山系の白い頂が見えたので雪を期待しましたが
愛別岳の山頂はまだ白くありませんでした。ただ向かって左側の白い山・・・
北鎮岳(2,244m)は頂が白いですね。さすが北海道で2番目の標高の山です。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
NikonD5600

尚、今日の旭岳のライブカメラをチェックしたら、真っ白でした!
*東川町ライブカメラより
WS000154

そして、ついに十勝連峰も!やっぱり、白い十勝岳って素敵~!
*美瑛の丘と十勝岳連峰のライブカメラより
WS000159

20170504_194433553_iOS

前回、夕張岳を撮影したカメラの背後からiPhoneで撮った写真載せましたが
カメラの背後って実際の現場の様子が分かるから
リアリティが増すというのはありますね。

そこで、いくつかそんな写真があったなあ・・・
と思って探してみたので、ご紹介します。

上は昨年5月に愛別岳を撮影する夫を車の中からiPhoneで撮った写真。
夫が立っていることで逆に愛別岳の雄大さが伝わるような。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

下は昨年10月の三国峠です。
こちらも三国峠から見える景色の雄大さ
雲海と空の美しさがリアリティを持って伝わりますね。NikonD5600
DSC_0179

最後に、以前載せた写真ですけど十勝岳温泉から撮った美瑛の雲海。
こちらも人がいることが雲海の迫力が出てる気がします。NikonD5600
DSC_0055

ということで、これからは写真撮影と同時に
カメラの背後からの写真をiPhoneで撮るようにしてみようと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0474-2

3月以来の4カ月ぶりに愛別岳を見に行ってきました。
朝は曇りの予報だったけど、一か八かで午前2時半に大雪の麓に到着し
曇り空の中、夜明けを待ちました。
そしたら4時頃に日の出とともに朝日に照らされた愛別岳の頂が
姿を見せてくれました。

この時間に山が見えることは諦めていたので感動でした。

そして、改めて思ったのは
十勝岳、夕張岳、そして愛別岳・・・は愛おしいなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

朝日が昇ると雲は消えて、雄大な愛別岳が姿を現しました。美しい。。。
DSC_0487

NikonD5600

↑このページのトップヘ