北海道~山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

DSC_0802_00001

先週、夕張岳を捕撮しにシューパロ湖に行ったけど
途中、長沼あたりから見えた夕張岳は、頭1つどころか、2つも3つも抜けた
圧倒的な存在感。それを見たら遠くから見た夕張岳を撮りたくなった。

ってことで、今日は遠くから見える夕張岳の撮影ポイントにロケハンで行ってみた。
残念ながら今回は夕張岳は雲の中。代わりに、夕張岳のすぐ近くの冷水山(689m)・・・
スキー場のマウントレースイがよく見えた。(写真中央の右の山)
夕張岳は、冷水山より約1,000mも高く、写真の向かって右端奥のあたりに見えるはず。
ああ、この場所から早く夕張岳を見てみたい。

NikonD5600
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0119_00001

オホーツクで一番目立っていた山について書かねば。。。
オホーツクは斜里岳から知床連山まで一望できるけど
その中で一番目立っているのは、斜里岳でも羅臼岳でもなくて海別岳(1,419m)。

10月に道東に行ったときは、あまり存在感がなかったけど
海別岳のなだらかな丸い山頂部は雪が積もると、目立つ、目立つ。
今回、その目立つ白い雄姿が撮れてないので、シルエットの写真をご紹介。
いつか鉄道と一緒に白い海別岳を撮りたいな。(いい撮影スポットがあるので)

NikonD5600
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


DSC_0719_00001

昨日は午後から夕張岳が快晴の予報だったので、シューパロ湖にGO!
結果、ご覧の通りの雄姿を捕撮!

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

そして、夜まで粘って昼、夕方、夜のそれぞれの夕張岳の雄姿三部作をゲット!
DSC_0751_00001_02

もう、幸せ~

DSC_0783_00001_01

NikonD5600

DSC_0623_00001

道東には2日間いて、1日目は流氷と斜里岳を撮りまくってたらあっという間に日没。
翌日は知床も阿寒湖も摩周湖も屈斜路湖も釧路湿原も全部スルーして
SLの往復を見て、丹頂鶴を見たらすぐに夕方に。。。
冬の道東は見どころ多すぎ!

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ  

SLは復路を始発の標茶駅から見送ったけど、なんと今年のラストラン!
感動的だったな~。(涙腺崩壊しました)
NikonD5600
DSC_0495_00001_01



DSC_0455_00001

すっかり斜里岳祭です。
斜里側から撮った斜里岳と電車の写真の場所は
昨年の秋に道東に行く前に、あれこれネットで調べて狙っていたスポット。
実際にその場に行ってみたら、想像以上に斜里岳が綺麗で感激。
電車が通らなくても十分絵になる場所だけど、今回運よく電車が通ったので
本当にラッキーだった。(撮り鉄の練習しててよかった。。。)

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

NikonD5600

DSC_0277_00001_02

斜里岳(1,547m)の清里側からの雄姿。
斜里側の雄姿を撮った前日の午後で曇り空なのがちょっと残念。

教会風の建物があったので前景に入れてみたけど
斜里岳を知らない人が見たらヨーロッパ?って思ちゃいそう。
1,547の標高でこんなに険しい山容になるのは森林限界の低い北海道ならでは。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

もう一枚、清里の丘から撮った雄姿。
どこから見てもイケメンだわ~。
NikonD5600
DSC_0285_00001_03

DSC_0438_00001_01

日没後、凍てつく斜里の砂浜を歩いた。
流氷に閉ざされた静かな海の夕暮れ。。。と感傷に浸っていたら
突然カップルがやってきて、海に向かってスタスタと歩いていった。

これは絵になるかも!と思い慌ててシャッターをきらせてもらったけど歩くの速い。
できれば、ゆっくりと手をつないで歩いてくれたらな~(勝手な願望)
寒かったのでそんな余裕なかったんでしょうね。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0262_00001_01

鱒浦港で日の出を見た後、オホーツク海沿いにある北浜駅に行った。
ここは線路を超えるとすぐに海で流氷を間近で見れる。

砂浜に降りてみると見渡す限りの流氷・・・というより荒々しい雪原?
陸上では見ることのない荒々しさなのでとっても迫力があるんだけど
これを写真にすると、ただの凸凹になってしまう。。。
遥か彼方に白く見えるのは羅臼岳。

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

流氷だけだと、どうにも面白みに欠けるので
何気に撮った夫の写真をおまけ。
タイトル:夫vs流氷(一応↓は海の上です)

NikonD5600
DSC_0258_00001

DSC_0139_00001

札幌を夜中に出発して6時間後、出迎えてくれたのがこの風景。
オレンジ色の空に浮かび上がる斜里岳、海別岳、知床連山のシルエットと
オホーツク海を埋め尽くす流氷。

これまで絶景は色々見てきて何度も感動したけど涙が出たのは初めて。
三国峠や愛別岳で見た神聖な風景とはまた違った、大きく包み込むような優しさのある風景。
海だからかな?

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

A343125F-58A1-4ADA-A254-355FE778E925

昨年、斜里岳を撮りたいと思い立って道東遠征にチャレンジすること2回
いずれも、斜里岳は雲の中で悔しい思いをしたけど
この週末、3度目の遠征を決行し、今度こそは撮ってみせる!と挑んだ結果が上の写真。
3度目の正直です。

今回は斜里側の清里側の雄姿をそれぞれゲット。 
上の写真は斜里側で最近、密かに撮り鉄の練習をしていたので列車も一緒に収めてみました。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0490_00001

空と山のコントラストが「盛ってない?」ってくらい綺麗だけど、盛ってないです。
ほぼ、撮って出しの写真。
三国峠の真下くらいのカーブから撮った石狩山地。
三国山からユニ石狩岳に向かう尾根で、標高は1,600mくらいで何気に高い。
ホント、東大雪と石狩山地は高く険しい山だらけで見応えあるわ~。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0090_00001

かれこれ1か月くらい山に行けてない。。。
ってことで、昨日はオリンピックのフィギュアスケートを見た後に
速攻で夕張のシューパロ湖に行ってきた。

着いた時は日没後で夕張岳は雲の中。。。残念。
でも、久々の山の雰囲気、静けさを満喫出来て幸せ~

とりあえず写真は撮ってみたけど、伝わるかしら?
雪に閉ざされたシューパロ湖の、ただただ静けさしかない感じ。。。
これがたまらない。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

DSC_0097_00001_01


DSC_0462_00001

東大雪は険しい山容の山が多い。
ネットサーフィンをしていたら東大雪の成り立ちは日高山脈と同じで
隆起した大地が侵食されて出来たので険しい山が多い、とのこと。
そういう目でウペペサンケ山(1,848m)を見ると、確かに削られた感あるわ~
でも、ニペソツ山はジバニャンのような丸い頂だけど?と思ったら
ニペソツ山はもとは火山なのだそう。なるほど。。。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ



DSC_0579_00001

十勝連峰の中にある美瑛富士(1,888m)・・・
富士って名前がついてるけど、美瑛岳の方が富士山っぽくない?
とずっと思っていた。
だけど、美瑛富士を間近で見たらなんと綺麗な円錐形!
美瑛富士って名前に納得しました。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

ご参考↓
WS000279


DSC_0453_00001

ニペソツ山(2,013m)で検索すると
鋭く尖った怖~い山容の写真が出るんだけど(ウィキべディアご参照)
あの姿はどうやら登山しないと見えないらしい。
三国峠から見えるニペソツ山は・・・とっても迫力はあるんだけど
丸い頭に尖った耳が2つで、私には妖怪ウォッチのジバニャンに見えてしまう。
二ぺ様、スミマセン。。。

NikonD5600

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

↑このページのトップヘ