山巡りの記録

北海道の山の写真と、山への愛をまったり綴るブログ。

2122A0B7-3609-4C75-8ECA-1A700DE24BA6

宗谷に行ったら、ここは行っておかないと。
まあ、特に何があるって訳でもないけど
青い海のかなたを見ながら日本の最北端にいるだ~って思うのがいい気分。
朝の利尻島でも思ったけど、宗谷の海は青くて本当にきれい。

稚内市
iPhone

5BCD158A-BA05-4BAD-B265-256CEDB6D44B

白い道を上っていくと丘陵地が広がっていた。
その向こうは宗谷岬とオホーツク海。

B3C37FF3-D6DF-47F2-ABBB-667A7A406F88

南側には風車が沢山立ち並び、風の谷のナウシカのような光景。
稚内のことを最北端の小さな港町だと思っていたけど
全然違ってました。ごめんなさい。

稚内市
iPhone

0A65498C-B7FE-4C48-B85F-424011BB556A

インスタグラムでフォローしている方が稚内市内の
ホタテの殻が敷き詰められた白い道の写真をアップされていた。
へえ~と思い、今回のドライブで行ってみたら、これが絶景の中にあってびっくり。
なだらかな丘に続く白い道は、講談社の夏の100冊ちっく。

B73C2C59-3890-44EA-846E-DE7E666A54C0

緑の絶景と青い空と白い道のコントラストが素晴らしかった。
宗谷ではぜひ行くべき観光スポットかと。


稚内市
iPhone

82FC5786-58AC-468D-AD97-53BBEF59117B

これは見えてる景色の3分の1くらいかな?
サロベツ原野は広大な湿原で、正面は海、雲のあるところは利尻島。
雲がなければ原野の向こうに利尻島が見える。
それにしても、原野以外はただただ何もない。

豊富町
iPhone

93F43CC5-6AF8-4D6D-8D1F-EB5BAB88FD96

オロロンラインの東側は丘陵地になっていて
その向こうがどうなっているのか海側にいるときは分からなかった。
太陽が昇った後、丘陵地の裏側に回ってみたら、突然現れた光景。。。

9783E08A-521D-4D95-8D6E-F24D7D912ABC

ニセイカウシュッペ山で見た人生一の光景と同じ世界。びっくり。

豊富町
iPhone

39190E1F-E1D4-48E6-A9C9-E54DC034AFB3

サロベツ原野の端を走っているオロロンラインは
見渡す限り真っすぐで何もない。
この「何もない」っていうことのスケールが凄い。
宗谷のスケールの大きさは知床に負けてないと思う。

豊富町
iPhone

59F34207-5519-49B0-9428-911BDE904147


利尻山(1,721m)。
山頂が崩落の危機で登山道がいつ閉鎖になるか分からないとか。
確かに、海の上にあるからか儚い感じがする。
けれど低い丘陵地だらけで高い山が殆どない宗谷地方では
利尻山の存在感はとっても大きいなあ。

豊富町
iPhone

IMG_9160

宗谷に行って見たいもの・・・と言えばこれ!利尻富士(1,721m)
それも、朝日に照らされた赤い利尻富士が見たかった。
快晴でも利尻富士は雲が出ていることが多いので、心配していたけど
日の出の時点ではなんとか雲がかかる一歩手前だった。
赤い利尻富士、碧色に輝く海、砂浜のお花。。。夢のような光景。

豊富町
iPhone

DE48116C-3EFC-4B9C-A000-C567CA001F17

札幌を午後10時に出てサロベツ原野に到着したのは午前3時。
真っ暗な原野に車を止めて外に出たら、満天の星!!
こんな満天の星、高校生の時に大山の宿泊所で見て以来だわ~。
写真を撮ると海の向こうに天の川と利尻島のシルエットが浮かんでいた。

豊富町
NikonD750

IMG_9148

本州に台風が上陸するという9月の3連休。。。
北海道も南から雲が北上する予報。
3連休に雲がない場所は?って調べたら宗谷地方が快晴の予報。
これは宗谷に行くしかない!と夜の10時に出発し300キロ走って宗谷に着いた。

豊富町
iPhone

IMG_9108

この日はよいお天気で雲が少ないせいか
日没前の空ははそんなに焼けなかったけど
日没後のマジックアワーは空の色が刻々と変化して素晴らしかった。

京極町
iPhone

IMG_9081

羊蹄山のシルエットが綺麗に見えるこの場所は
尻別岳(1,107m)もよく見える。
尻別岳の見えている裏側にはルスツリゾートがあるので
スキーをしていた頃は馴染み山だったけど、今はすっかり縁がなくなった。

京極町
iPhone

IMG_9080
蝦夷富士として人気の羊蹄山(1,898m)は我が家ではあまり人気がない。。。
理由は羊蹄山を遠くから眺められる場所があまりなく
見える場所は近くて大きすぎ、かつ形も単調でどうも情緒が出ない。。。
けれどこの場所は程よい距離感で、更に羊蹄山のシルエットも綺麗。
結果、我が家での羊蹄山のお株が少し上がった。

京極町
iPhone

20170723_062753764_iOS

阿寒湖を見た後は、オンネトー湖に寄った。
この頃には日差しも出てきたけど、雌阿寒岳は雲の中。
かろうじて阿寒富士が見えた。
24年前にここに来た時はひっそりとした場所だったのに
今では観光バスが次々に来るのでびっくり。。。
この後は、十勝清水まで行って高速道路で帰った。

足寄町
iPhone

20170723_055115719_iOS

美幌峠からの帰りは阿寒湖を通った。
途中雨が降ったけど、阿寒湖湖畔に着いた頃には雨は止んだ。
けれど雄阿寒岳は見えず。なんとも寒々しい風景。。。
ところで、阿寒湖周辺は駐車場がないっていうか有料なのね、基本。

釧路市
iPhone
 

↑このページのトップヘ